フランス語の教材


フランス滞在11年目にして、

語彙を増やす為に再びフランス語の勉強をしています。

毎日就寝前に1ページずつ、右の単語集を読んでいます。

 

こちらは最近友人に勧められた駿河台出版社の単語集で、

初心者と言うよりは、中・上級者向けの教材です。

単語集なので、細かい文法的な説明もありません。

 

仏検を受験しようとお考えの方、

語彙を増やしたいという方に是非お勧めの一冊です。

参考書なんかと違ってポケットサイズなので、

通勤・通学のお供にも最適です。

 

音声の方も、iTunesとFeBe で配信されていて、

MP3 CD-ROM も書店で注文可能です。

 

私の持っている単語集は、仏検2級に準拠した単語集ですが、

仏検3級に準拠した単語集も出版されています。

仏検1級は・・・只今編集と伺いました(笑)。

出版をとても心待ちにしています。

 

毎日1ページずつ学習しながら、

語彙力の低さを痛感しております(苦笑)。


載っている単語を知らない訳ではないのに、そんな言い回しは知らなかった・・・。

私生活でも仕事でもフランス語を使っていて、日常生活で特に不便を感じる事はありませんが、

語彙力がないと、どうしても子供っぽい印象を与えてしまうような気がします。

そんな訳で、再び勉強です!

左の教材は、フランス到着当時に使っていた教材です。

一番右の練習問題以外は、どちらも音声付きの教材です。

 

三冊ともとても良い教材でした。

特に真ん中の教材は、文法事項で疑問がある時など、

今でもお世話になっています。

左右の教材は問題集です。

 

新・リュミエールは、先ほどの単語集と同じく、

駿河台出版の文法参考書です。

2013年に、増補改訂版が出版されています。

 

左右どちらの問題集も初級者向けの教材です。

フランス語練習問題100題には、

問題集とは別に薄い文法表が収められていて、

文法の説明がとても簡潔に記されています。

 

言語・文法、延いては、活字オタクな私は、

語学参考書を買うのが趣味で、

語学学校に通った事がありません。

 

ただ一つ言える事は、本や音声で学べる事は多くても、

やはり実戦で話せなくては何の意味もありませんので、

初めは聞き返されても、思い通り喋れなくても、

率先して話す努力をする事をお勧めします。

言葉が自由に話せれば、留学はより楽しくなると思います。

 



背景撮影場所:Paris, FRANCE